石油連盟からのお知らせ プレスリリース・トピックス

トピックス

2020年12月21日

各位

石油連盟

石油連盟-日本自動車工業会間のCO2低減に関する共同研究
(AOIプロジェクト)について

 このたび、石油連盟と一般社団法人日本自動車工業会は2030年頃の市場を見据えた、ガソリン車およびディーゼル車に搭載見込みの将来エンジンの燃焼方法と将来の燃料種の組合せの最適化によるCO2削減を目指した共同研究(呼称AOI(あおい)プロジェクト*1)を開始いたしました。

 AOIプロジェクトは、基礎研究フェーズ(2020~2022年度)、実証フェーズ(2023~2025年度)を経て、将来燃焼とS+3E*2を考慮した将来燃料の組合せを見出し、2030年度以降の市場導入を目指します。

 将来、電気自動車などと共存できるWtW*3のCO2の削減と更なるエミッション改善の達成に向けた第一歩として、AOIプロジェクトを推進してまいります。

 なお、AOIプロジェクトの円滑な推進と共に成果を最大限に引き出すことを目指して、学識経験者および関係省庁の皆様から適切なアドバイスをいただく場である第三者委員会を設置し運営します。

 石油業界と自動車業界はAOIプロジェクトを通じて、持続可能な経済およびモビリティ社会の実現と共に、エネルギーの安定供給に努め、2050年のカーボンニュートラル実現に向け貢献するよう協力してまいります。

*1 AOIプロジェクト:Automobile and Oil Innovation Project

*2 S+3E:Safety,Energy security,Economic efficiency,Environment

*3 WtW : Well to Wheel  燃料を手に入れる段階から実際に走行させる段階まで

AOIプロジェクト研究スケジュール

別紙  AOIプロジェクト詳細


ページトップへ