石油連盟からのお知らせ プレスリリース・トピックス

プレスリリース

2019年08月28日

各位

石油連盟

「満タン&灯油プラス1缶運動」の協賛について

石油連盟は、全国石油商業組合連合会(全石連)と47都道府県石油組合が9月1日から主催する「満タン&灯油プラス1缶運動」に公益社団法人全日本トラック協会、日本ガソリン計量機工業会とともに、協賛いたします。本運動は、災害など非常時に備えて消費者の皆様に燃料を多めに蓄えておくことを推奨することを目的に実施するものです。

東日本大震災、熊本地震や北海道胆振東部地震に見られたように、発災直後暫くの間、ガソリンスタンド(SS)は、ガソリンや灯油を購入する車や人で大混雑し、燃料の入手が非常に困難となりました。最近は、自然災害が全国各地で頻発しており、災害への自衛的な対策として、日常生活で必要な燃料を蓄えておくことがより重要となって来ています。

このようなことから、「満タンで安心、灯油プラス1缶で安心」をキャッチフレーズに、「車の燃料メーターが半分程度になったら満タンにしておく」また、「灯油は1缶余分に保管しておく」ことを消費者の皆様に呼びかけ、万が一の事態にも混乱しないよう日頃の心構えの大切さを訴えていく本運動に本年度も協力していくこととしました。

本運動には内閣府政策統括官(防災担当)、資源エネルギー庁、国土交通省の後援をいただいており、政府の「国土強靭化年次計画2019」や「第5次エネルギー基本計画」にも本運動の趣旨が盛り込まれています。

なお、本運動の実施概要は別紙のとおりです。


ページトップへ