石油連盟からのお知らせ プレスリリース・トピックス

トピックス

2009年10月01日

各位

石油連盟

東京都・世田谷区・調布市合同総合防災訓練への
参加について(2009/8/30)

石油連盟は、8月30日に開催された平成21年度東京都・世田谷区・調布市合同総合防災訓練に参加いたしました。この訓練は、震災時における都、区・市、 各防災機関との連携の強化及び自助・共助・公助に基づく地域防災力の向上を図るために実施されたものです。

image003.jpg




石油連盟は調布市会場に東京都石油業協同組合と合同でブースを出展しました。

image005.jpg

image007.jpg

ブース内では「災害時における防災拠点としてのガソリンスタンド」や「災害に強いエネ ルギーとしての石油」をテーマにしたパネル展示を行いました。

また、防災に関するゲームを実施し、参加賞として災害時に役立つ「救急箱」を配布しま した。
さらに、災害時でも石油業界として石油の安定供給が図れる基盤となる情報システム「災害時情報収集システム」の訓練とデモンストレーションを行いました。
image011.jpg
image013.jpg image015.jpg

訓練会場では、 災害時に病院などの災害対応施設への石油の供給の訓練(デモ)を実施し、安全に十分に配慮した給油作業を行いました。

今回、石油連盟は初めて総合防災訓練に参加しましたが、パネル展示や訓練への参加を通じて、見学者や防災関係者の方々に停電やガスが止まった場合でも石油 の供給は継続され、エネルギーとして利用できることをご理解頂きました。

なお、当日ゲームの参加賞として配布した「救急箱」に入っていた絆創膏(救急絆創膏ファミリーバン)について、一部品質保持期限を過ぎていたものが混入していました。
こちらの絆創膏については、交換窓口に送付していただければ同等品と交換させていただきます。詳しくはこちらをご覧ください。

http://www.paj.gr.jp/paj_info/press/2009/09/14-000026.html


ページトップへ