石油連盟からのお知らせ プレスリリース・トピックス

トピックス

2006年12月19日

各位

石油連盟

セルフSSをより安心してご利用いただくために
-セルフ給油での油吹きこぼれに関する注意事項-

セルフSSは、06年6月末現在全国で5000ヶ所を超え、わが国でもかなり身近な存在になってきていますが、給油中にガソリンが給油口から吹きこぼれる事例があります。
ここでは、セルフSSにおける一般的なガソリン給油の手順を紹介し、油吹きこぼれの観点からご注意いただく事項を整理しました。
セルフSSで給油される場合は、下記の点にご注意いただき安全に給油されるようお願いいたします。

一般的な給油の手順と主な注意事項

ステッカー等の表示は一例です。

1来店

給油機側に給油口がくるように停車し、エンジンをきってください。
停車後、給油口を開けてください。
(このとき、給油キャップは開けないでください)

1204_no01ph01.jpg
三角
2給油前に

油の吹きこぼれ以外にもご注意いただくことがあります ので、給油前に注意事項をよく読んでください。

1204_no02ph01.jpg
ご注意の例
  • 給油前に、自動車のドア・窓を閉める
  • 給油作業は必ず一人で行う
  • 給油口付近にお子様が近づかないように注意する
  • その他、サービスステーション内に掲示されている注意事項を守る
三角
3オーダー

レギュラー・ハイオク・プレミアム軽油・軽油の中から油種を選んでください。

1204_no03ph01.jpg

三角
4静電気除去シート

続いて、給油機に貼り付けてある静電気除去シートに触れて放電してください。

1204_no04ph01.gif

三角
5給油キャップ

給油キャップを開けてください。

1204_no05ph01.jpg
三角
6給油スタート
給油機から3で選んだ油種の給油ノズルを取り外し、給油スタート 油の吹きこぼれに関しての注意事項

セルフ給油の際は、油が吹きこぼれないように、
次の注意を守り、給油してください。

1204_no06ph06.jpg
給油ノズルを止まるところまで確実に差し込む
給油ノズルのレバーを止まるところまで確実に引く
1204_no06ph02.gif
自動的に給油が止まったら、それ以上の給油はしない
給油後は、給油ノズルを確実に元の位置へ戻す
給油を自動的に止めるオートストッパーは、給油ノズルが止まるところまで確実に差し込まれていない場合や少しずつ給油した場合には、作動しないことがあります。
給油ノズルは、落とさないようにお気をつけください。
1204_no06ph07.jpg

※給油ノズルの操作方法はセルフSSにより異なる場合がありますので、給油を始める前に取り扱い方法をよく確認してください。

給油開始後、すぐにオートストッパーが作動し、給油できない場合には、給油方法についてセルフスタンドの従業員に指示を仰いでください。

1204_no06ph07.jpg

ご不明な点があれば、インターホンで従業員に問い合わせてください。
また、従業員の指示には従ってください。

三角
7給油終了

給油後のキャップの締め忘れにもご注意ください。

三角
注) 上記の給油手順は、油吹きこぼれに関する注意点を中心に説明していますので、給油手順の細かい部分等については割愛しています。

ページトップへ