石油連盟からのお知らせ プレスリリース・トピックス

トピックス

2004年09月17日

各位

石油連盟

「平成17年度税制改正要望事項」について

エネルギー政策における3Eを実現するため、今後とも一次エネルギーの太宗を占める石油のより一層の環境特性の向上や効率的利用を図る観点から、「エネルギー間における課税の公平性の実現」と、さらに「温暖化対策税」など環境税の導入反対」を最重要事項として、強力に要望。


最重要事項

【 I . エネルギー間における課税の公平性の実現】

15年度の石油税の見直しの結果、石炭への新規課税・LNG等への増税が図られたが、 まだまだ不十分であるので、引き続き是正を要望。

現在最終税率
(2007(H19).4~)
熱量当り税負担
(円/106kcal)
比率
石油 2,040円/KL 2,040円/KL 223円 100
LNG 840円/t 1.080円/t 83円 37
LPG 800円/t 1.080円/t 90円 40
石炭 230円/t 700円/t 110円 49


【 II . 石油諸税の負担軽減等】

「温暖化対策税など環境税の導入反対」

  • 地球温暖化対策は、大綱の基本方針である「ステップバイステップのアプローチ」に沿って、まずは既存の施策の評価・見直しを行い、確実に効果が見込まれる施策を推進すべき。
  • 安易な新税導入には産業の国際競争力の低下、空洞化、弱者負担過重等、多くの問題あり。
  • 既に各段階に亘って種々の巨額な税が課税されている現行石油諸税に加えて、更なる課税・増税に反対。
  • まずは石油諸税の抜本的見直しが先決であることを要望。



その他項目

【 II . 石油諸税の負担軽減等】

(1) 「ガソリン税・軽油引取税等の軽減」、(2) 「ガソリン税・軽油引取税等の使途拡大反対」、(3) 「石油石炭税の軽減」(4) 「消費税と石油諸税の適切な調整措置、とりわけ二重課税(TAX ON TAX)排除の実施」など

【 III . 石油に係る関連政策税制】

(1)

製油所の競争力強化に係る要望

  • 「製油所内で使用される自家消費燃料に係る石油石炭税還付制度の創設」など
(2)

関税・石油石炭税に関する各種還付制度の延長

  • 「国産アスファルト等に係る関税・石油石炭税還付制度の適用期限の延長」など

【 IV . その他、他産業と共通する事項】

(1) 日本版LLC等に求められる税制上の要件を満たす制度の実現

ページトップへ