石油連盟からのお知らせ プレスリリース・トピックス

プレスリリース

2016年09月13日

各位

石油連盟

2016年度災害時石油供給連携計画訓練の実施について

石油連盟は、9月14日(水)~16日(金)の3日間において「2016年度災害時石油供給連携計画訓練」を実施いたします。今回の訓練では、南海トラフ地震を想定し、シナリオ非提示を前提にした共同オペレーションルームの意思決定訓練、および被災地からの緊急的な石油供給の要請への対応に係る机上・実地訓練を行います。本訓練に関し、報道各社の取材を以下の通りお受けいたしますので、ご案内申し上げます。
※ 災害時石油供給連携計画:「石油の備蓄の確保等に関する法律」に基づく計画で、国内において大規模な災害が発生し、特定の地域への石油の供給が不足する事態になった場合に、当該地域において石油精製業者等が相互に連携して、石油の安定的な供給の確保を図るもの



  1. 訓練の概要
    (1)実施日程 2016年9月14日(水) ~ 16日(金)
    (2)実施場所 石油連盟会議室、静岡・愛知・三重・和歌山・徳島・香川・高知・大分・宮崎の各県1施設
    (3)実施内容 別紙参照
  2. 取材対応
    (1)事前説明(石油連盟第二会議室)
    9月13日(火) 16:00~16:30(一般紙・業界紙共通)
    (2)撮影(石油連盟第三会議室)
    ① シナリオ非提示を前提にした共同オペレーションルームの意思決定訓練
    9月14日(水) 10:15~10:45(一般紙・業界紙共通)
    ② 被災地からの緊急的な石油供給の要請への対応に係る机上訓練
    9月15日(木) 14:00~14:15(業界紙)
    15:00~15:15(一般紙)*会長会見終了後15時頃を目途
    ※訓練中につき、14~15日の撮影時には、説明・質疑応答の時間は設けておりません
    ※訓練会場は参加者・見学者で大変混み合う為、申し訳ございませんが三脚付でのビデオ撮影はご遠慮ください
  3. 問い合わせ先
    石油連盟 広報室 TEL:03-5218-2305  FAX:03-5218-2321

ページトップへ