石油連盟からのお知らせ プレスリリース・トピックス

プレスリリース

2014年12月15日

各位

石油連盟

衆議院選挙の結果について(会長コメント)

第47回衆議院総選挙において、自民・公明両党は、引き続き3分の2を超える326議席を獲得し、強固な政権を維持することとなった。

有権者は、エネルギー政策をはじめ、景気対策、地方創生、震災復興、財政再建、税制改革などの重要課題に対して、安倍政権の実績を評価し、今後の期待も併せて支持したものと考える。

いずれにせよ、新政権に対しては、安定した政治運営によって、景気対策が着実に成果を挙げ、経済の好循環が生まれ、また、日本の再生に向けた適切な施策が実現することを期待したい。

特に、石油連盟としては、エネルギー基本計画において「今後とも活用していく重要なエネルギー源」と位置付けられた石油の安定供給が維持されるよう、具体的な政策が展開され、効果が上がっていくことを願いたい。


ページトップへ