石油連盟からのお知らせ プレスリリース・トピックス

プレスリリース

2014年07月01日

各位

石油連盟

2014年度潤滑油需要見通しについて

石油連盟 調査・流通業務部では、2014年度の潤滑油の需要見通しを以下の通り取りまとめた。

1. 潤滑油計

2013年度実績は、経済の回復による工業生産の伸びから工業用は前年度比で増加したものの、乗用車の利用形態や産業構造の変化による需要の低下傾向から、潤滑油全体で1,531千kl(前年度比0.5%減)となった。
2014年度見通しは、工業生産の伸びが見込まれるため、1,539千kl(前年度比0.5%増)の見込み。

2. 用途別需要

(1) 自動車用

2013年度実績は、乗用車1台あたりの潤滑油消費量の減少やトラック登録台数の減少により、573千kl(前年度比2.6%減)となった。
2014年度は、経済は堅調であるものの、乗用車1台あたりの潤滑油消費量の減少傾向が続くことや、車両生産台数が、消費税引き上げ後の反動減や海外での現地生産増に伴う輸出減により落ち込むと見込まれることから、563千kl(前年度比1.7%減)の見込み。

(2) 舶用

2013年度は、大型新造船が少なく、外航船の交換・補給需要も回復しなかったことから、93千kl(前年度比4.1%減)となった。
2014年度は、工業生産の回復による貨物の増加や円安効果の持続により、昨年度並みの93千klの見込み。

(3) 工業用 (i)

2013年度は、工業生産の回復により、864千kl(前年度比1.3%増)となった。
2014年度も、引き続き、工業生産の伸びが見込まれることから、883千kl(前年度比2.2%増)が見込まれる。

2014年度潤滑油需要見通し

(単位:千kl、カッコ内は前年度比増減(%))

2013年度実績2014年度見込み
自動車用 573 (-2.6) 563 (-1.7)
舶用 93 (-4.1) 93 (±0.0)
工業用 (i) 864 (+1.3) 883 (+2.2)
潤滑油計 1,531 (-0.5) 1,539 (+0.5)

(i) 工業用は、絶縁用を含む。(2013年度より。)


ページトップへ