石油連盟からのお知らせ プレスリリース・トピックス

プレスリリース

2009年07月21日

各位

石油連盟

衆議院の解散について(会長コメント)

  1. 本日、麻生総理は、国民に信を問うべく、衆議院を解散した。

  2. 石油業界としては、今回の解散・総選挙に伴う政治空白が、生産・民需など一部に回復の動きが見られる現下のわが国の経済情勢に水を差すことにならないよう、政府においては、適切に対応されることを希望する。

  3. また、来るべき総選挙に向けて、1ヶ月にわたる長い選挙日程の中で、少子高齢化や社会保障制度など、わが国のあるべき方向を示しつつ、経済の建て直しに向けて、活発な政策論議を期待するとともに、エネルギーや地球温暖化問題については、地に足をつけた、現実的な議論を期待したい。


ページトップへ