石油連盟からのお知らせ プレスリリース・トピックス

プレスリリース

2006年12月20日

各位

石油連盟

「バイオマス燃料供給有限責任事業組合」の概要について

  1. 石油連盟加盟各社が、2010年度のバイオエタノールの導入目標(注)を確実に達成するため、11月の理事会で決定した新組織の概要は以下の通り

    (1)

    組織名

    「バイオマス燃料供給有限責任事業組合」

    (2)

    組合員(出資会社)

    石油連盟加盟10社(単独または各グループを代表する会社)
    出光興産(株)、太陽石油(株)、富士石油(株)、コスモ石油(株)、九州石油(株)、昭和シェル石油(株)、新日本石油(株)、(株)ジャパンエナジー、〔極東石油工業(株)、エクソンモービル(有)は、正式には後日組合に参加予定〕

    (3)

    出資金額

    4億円 (上記2社が参加した後)

    (4)

    事業内容

    【1】

    バイオマス燃料の輸入および国内調達業務
    (バイオマス燃料とは ... バイオエタノール、バイオETBE)

    【2】

    組合員に対するバイオマス燃料の販売および出荷業務

    【3】

    上記事業に関連する一切の業務

    (5)

    職務執行者

    各組合員から"職務執行者"を選任。"職務執行者"全員で構成される「執行委員会」を設置して、組合業務を遂行。

    (6)

    事務局

    組合業務の執行を補佐するための事務局を設置。

    (7)

    事務所所在地

    東京都

    (8)

    組合成立日

    2007年1月26日(予定)

  2. 来年から、バイオエタノールおよびバイオETBEの輸入・国内調達の方法、受入れ基地の整備、組合員への供給方法(輸送など)に関し、具体的に検討・準備を開始

    (注)

    石油連盟のバイオエタノールに関する基本方針(2006年1月)
    石油連盟加盟各社は、輸送用燃料におけるバイオエタノール利用について積極的に取り組み、2010年度において、ガソリン需要量の20%相当分に対して一定量のバイオエタノールをETBEとして導入することを目指す(約36万KL/年=原油換算約21万KL/年)


ページトップへ