石油連盟からのお知らせ プレスリリース・トピックス

プレスリリース

2006年03月20日

各位

石油連盟

環境対応型高効率業務用ボイラ等導入効果実証事業(導入補助事業)
平成18年度の募集について(予告)

石油連盟では、平成18年度の環境対応型高効率業務用ボイラ等導入効果実証(導入効果検証等に関する国の補助事業)の募集を平成18年4月1日(土)より開始する予定です。

(現時点での予定ですので日程などの変更があり得る事をご承知置き下さい。)

なお、日程等の詳細が決定次第、本ホームページおよびマスコミ等を通じてお知らせいたします。

補助対象事業

従来品と比較して省エネルギー効果が高く、かつNOx排出抑制効果の高い石油焚き小型貫流ボイラーおよび温水発生機(石油連盟が機器指定したものに限る。)を導入する方を対象に導入費用の1/5(上限額あり)を補助します。 本補助金の交付を受けた方は、ボイラー等の導入後3年間、その運転状況等に関するデータを計測し、石油連盟へ報告(年1回)する義務を負います。 本補助事業に関する詳細(補助対象要件、補助率、申請方法等)につきましては、

http://boiler-hojyokin.paj.gr.jp/
(環境対応型高効率業務ボイラ等導入効果実証事業WEB)
でご確認いただくか、

石油連盟 基盤整備・油濁対策部 基盤整備室 有馬(TEL.03-3279-3814)まで お問合せください。


ページトップへ