石油連盟からのお知らせ プレスリリース・トピックス

プレスリリース

2006年01月18日

各位

石油連盟

バイオマス燃料の導入について

石油連盟は、「京都議定書目標達成計画」(平成17年4月28日閣議決定)の実現のために、同計画に盛り込まれている"輸送用燃料におけるバイオマス由来燃料の利用"に関し、以下の方針で取り組むことを決定した。

  1. 石油連盟加盟各社は、輸送用燃料におけるバイオエタノール利用について積極的に取り組み、2010年度において、ガソリン需要量の20%相当分に対して一定量のバイオエタノールをETBEとして導入することを目指す(約36万KL/年=原油換算約21万KL/年)。

  2. 導入にあたっては、(1) 大気環境に悪影響を及ぼさないこと、(2) 車の安全性や実用性能を損なわないことに鑑み、バイオエタノールをそのままガソリンに混入するのではなく、バイオエタノールからETBE(エチルターシャリーブチルエーテル)を製造し、これをガソリンに混合することを予定している。

  3. 但し、導入に先立ち、ETBEは化審法における第2種監視化学物質と判定されているため、ETBEをガソリンに混合するために必要なリスクアセスメントと、これを踏まえた環境への暴露を防止する対策の検討・実施を関係省庁の指導を得つつ取り組む。


ページトップへ