石油連盟からのお知らせ プレスリリース・トピックス

プレスリリース

2005年04月18日

各位

石油連盟

自動車用ディーゼルエンジンオイルの品質について

2003年4月16日に、石油連盟と(社)日本自動車工業会は、ディーゼル微粒子補集フィルター(DPF)を装着した新短期以後の規制に適合した新型ディーゼル車を対象に、エンジンオイルの品質に関するガイドラインとしてトラック、バス用「DH-2」、乗用車クラス用「DL-1」を設定し、プレスリリースを行いました。また同時に、2005年にはこのガイドラインを精査した新しい規格とその運用システムが発行されることを予告いたしました。

このたび、(社)日本自動車技術会より自動車用ディーゼルエンジンオイルの品質規格として、日本自動車規格(JASO)「自動車用ディーゼル機関潤滑油 M355:2005」が発行されたことをお知らせいたします。この規格には従来の「DH-1」に加えて、新たに「DH-2」および「DL-1」の2種類が追加されました。

この改定を受け、JASOエンジン油規格普及促進協議会(以下 協議会<注1>)は、このJASO規格を適正に運用する為に、「自動車用ディーゼル機関潤滑油(JASO M355:2005)の運用マニュアル」を改定しました。これにより販売・製造元は協議会に届出ることによって、「DH-2」、「DL-1」についても、従来の「DH-1」と同様に自己認証制度<注2>を利用できるようになります。詳しくは、近日中に(社)潤滑油協会のホームページ内(http://www.jalos.or.jp/index.htm)、「JASOエンジン油規格普及促進協議会」の(http://www.jalos.or.jp/onfile)に掲載されます運用マニュアルをご参照ください。

050418_1.gif

<注1>
「JASOエンジン油規格普及促進協議会」は、日本国においてエンジン油にかかわる各種業界団体および学術協会等が、JASOエンジン油規格の国内外での 適正な普及を図るためにボランタリーに設立した協議体で、石油連盟、(社)日本自動車工業会、(社)自動車技術会、(社)日本陸用内燃機関協会、(社)潤滑油協会、(社)日本舟艇工業会の6団体と、その他の関連企業(添加剤会社4社)で構成されています。

<注2>
自己認証制度は、協議会の活動の一環として、(社)自動車技術会が制定した「自動車用ディーゼル機関潤滑油」規格(JASO M 355:2005)に基づき、潤滑油販売者等がこれに該当する製品を協議会に届出、オンファイルするための手続で、協議会が性能認証や表示の許認可を行うものではありません。

お問い合せ先 石油連盟 技術環境安全部 技術グループ
Tel:03-3279-3813 / Fax:03-3242-5688


ページトップへ