石油連盟からのお知らせ プレスリリース・トピックス

プレスリリース

2004年06月03日

各位

石油連盟

第131回OPEC総会の結果について(会長コメント)

OPECは、6月3日にベイルート(レバノン)で開催した第131回臨時総会で、7月1日から生産枠を200万BD増やし(イラクを除く10ヶ国合計で2,550万BDとする)、さらに8月1日から生産枠を50万BD増やす(同合計で2,600万BDとする)ことで合意した。

今回のOPECの増枠決定を歓迎する。但し、現状生産水準に対し、実質増産になるかどうかがカギ。また、現在原油価格が高騰しているのは1.中東情勢不安・治安悪化からくる供給への不安、2.米国でのガソリン供給不安に拠るところが大きく、これら2つの要因はOPECが増枠してもすぐに解消されないため、原油価格は引き続き強含みに推移するだろう。(OPECバスケットで30ドル台半ば。中東情勢次第ではさらなる高騰もあり得る。)


ページトップへ