石油連盟からのお知らせ プレスリリース・トピックス

プレスリリース

2004年03月29日

各位

石油連盟

「今日の石油産業」(2004年4月版)の改訂・発行について

1 .

石油連盟では、内外の石油事情及び石油産業の課題とその対応等について、最新データをもとに取りまとめたパンフレット「今日の石油産業」(2004年4月版)を2004年4月1日に発行します。

2 .
040329.gif

石油産業は、80年代後半からの規制緩和の流れの中で、石油資源の安定供給の確保とより効率的な供給を追及してきました。
本年は、「エネルギー基本計画」(昨年10月に閣議決定)に基づき、6月を目途に長期エネルギー需給見通しが策定される予定です。策定作業にあたっては、 エネルギー政策の柱である「安定供給の確保」、「環境への適合」、「市場原理の活用」の3Eを踏まえ、実現可能性を重視した需給バランスが策定されることが期待されています。
また、本年は「地球温暖化対策推進大綱」における「ステップ・バイ・ステップのアプローチ」に基づき、これまでの温暖化対策の進捗状況を評価・見直しをすることになっています。
こうした状況の中、石油産業は、今後も石油がエネルギーの主役であることを主張する一方、地球温暖化等環境問題への対応を最優先課題と位置付け、地球環境保全自主行動計画の目標達成、大気汚染対策やCO2排出削減に効果のある自動車燃料のサルファーフリー化、石油システムの普及・開発、燃料電池の研究・開発に向けて一層の努力をしています。
このパンフレットは、わが国の石油産業の現状について正しくご理解いただくために作成しました。

3 .

石油連盟では、このパンフレットを42,000部印刷し、石油連盟加盟会社、官公庁、マスコミ関係者、有識者、関係団体等に配布します。


【お問い合わせ先】
石油連盟 広報グループ(浜林、逸見)
(Tel 03-3279-3816、Fax03-3246-4740)

ページトップへ