石油連盟からのお知らせ プレスリリース・トピックス

プレスリリース

2004年02月11日

各位

石油連盟

第129回OPEC総会の結果について(会長コメント)

OPECは、2月10日に開催した第129回OPEC臨時総会で、原油価格がプライスバンド上限近辺で高止まりしている中、現行生産枠(イラクを除く10ヶ国合計で2,450万BD)から100万BD減産することで合意し、4月1日から実施することを確認した。

今後不需要期に向かうものの、今回の減産により需給が引き締まることに加え、米国・中国の需要が堅調であること、米国の在庫が依然低水準にあること、またイラクからの輸出が十分に回復していないこと等から、原油価格は当面、OPECバスケットでプライスバンド上限(28ドル)付近で強含みに推移しよう。


ページトップへ