石油連盟ホームページへ

調べてみよう石油の活躍

調べてみよう石油の活躍

優秀作品賞

優秀作品賞
全国小学校社会科研究協議会会長賞

石油と優しさが拓く未来石油と優しさが拓く未来

UAE アブダビ日本人学校 6年

佐々木 真那

UAE アブダビ日本人学校 6年

佐々木 真那

 「最高気温五十一度!?」衝撃の記事が私の目に飛びこんできた。しかし、UAEで暮らしているとそんな実感はない。なぜなら、日中室内や車内にいる時は、クーラーで涼しく、一年中快適に過ごせるからだ。

 クーラーを動かしているのは一体何なんだろう?それは、元をたどれば石油。石油は私達の生活の中で動力源・熱源・原料として使用している。これだけ幅広く使われる石油がもしなかったら、目に映る景色や、私達の生活は今とは全くちがう姿になっていただろう。

 しかし、石油が自然に悪影響を与えてはいないだろうか。ひょっとしたら五十一度という気温も、温暖化現象によるものであり、そのことに石油採掘が何らかの影響を与えているのではないだろうか。私はどうしてもこのことが気になり石油会社に勤める方に話を聞いてみた。するとその方はこう話してくれた。「石油は、生活を豊かにしてくれます。豊かにしてくれるのに、周りの環境を汚すわけにはいきません。」
その内容は私の予想をはるかに上回るものだった。

 例えば天然ガスを無駄に燃やさないようにするゼロフレアミングという取り組みだ。これは、出てきたガスを昇圧機を通して地下に戻す工夫だ。ガスを地下に戻すことによって燃やさずにすむ。さらに、地下にたまっている原油をガスの圧力で地上におし出す。この他にも、ガスを発電機の燃料にしている。まさに一石三鳥の工夫だ。

 他にも石油と一緒に出てくる地下水は、海に流すと魚やサンゴに影響が出るかもしれないので、地下に戻している。この事を質問した時、石油会社の方は、「地下から出てきた物は地下へ戻し、石油だけを大切に利用させてもらう事を心がけています。」
とも言っていた。

 また、油田の周りに海水でも育つマングローブを植えて緑に囲まれたより良い環境を作っている。そのマングローブによって油田がオアシスの役目を果たし、渡り鳥達が羽を休める場所にもなっている。さらに油田で働く方達にとって、職場の環境改善にもつながっている。

 私は気が付いた。石油採掘に関わる方達は環境にとても配慮している。むしろきれいにしていると言っても良いくらいだ。環境問題は、石油を使う私達の問題なのだ。

 世界中の石油採掘に関わる方達と、太古からの贈り物『石油』に感謝して、かつ、私達も、もっと環境について考えながら、石油を上手に大切に使わなければいけない。私もその未来を担う一人なのだ。

石油の作文コンクールTOPへ