石油連盟ホームページへ

調べてみよう石油の活躍

調べてみよう石油の活躍

審査員特別賞

審査員特別賞

地球がくれたおくり物「石油」地球がくれたおくり物「石油」

東京都 江東区立明治小学校 6年

野田 実花

東京都 江東区立明治小学校 6年

野田 実花

 こんにちは!私は石油!今、とても困っていることがあるんだ。最近、私の大せんぱいの石油さんたちが、昔にくらべてとても速いスピードで物につかわれて、すぐにすてられてしまっている。
 みんなは、どんなに私たちが生まれるのが大変で、どれだけ長い時間をかけるのか知っている?もともと、プランクトンや、生物の死がいが砂や泥とともに、浅い海や湖の底に積もって、有機物が入った地層がつくられていく。その有機物が入った地層の上にいくつもの地層が積み重なる過程で泥状の有機物の地層は水分がぬけてかたまり、泥岩にゆっくりと変化して行くの。さらにそこから、時間がたち、地層の圧力や熱、バクテリアの働きなどによって泥岩にふくまれる有機物はだんだんと石油に変化する。石油やガスは水より軽いため、上へ上へとしみ出して行くんだけど、このままだとどんどん石油はぬけていってしまうわね。そのとき上にふたの役割をするかたい岩、いわゆる帽岩というものがあるとその下に石油がたまる。こんなふうに、ものすごく長い、約二億五千万年前から六千五百万年前ごろにおこった変化で出来た石油を君たちはじゃんじゃん、まるで、すぐに出来る無限の資源のように使っているんだよ。少しは気にかけてもらわないと、私たち石油はあと六十年ちょっとでなくなってしまうかもしれない。
 最後に、私たち石油がどのように使ってほしいかを伝えたい。まず、むやみやたらに物をすてないこと。さっきも言ったけど、石油には限りがあるから、物を買う時によく考えて、本当に使うのか確認してみてね。もう一つ、石油が日本に届けられていることに感謝をすること。石油には、手も足もついていない。だから必ず人の力が必要になるんだよね。石油を採る人や、港湾で働く人、タンクをかんしする人、他にもたくさんの人が関っていて、どの人も必ずいなきゃいけない役についている。私が伝えたかったのは、これくらいかな。みんな今日から石油のことを大切に、そしていろんな人に感謝しながら使ってね!

石油の作文コンクールTOPへ