石油連盟ホームページへ

調べてみよう石油の活躍

調べてみよう石油の活躍

審査員特別賞

審査員特別賞

食事と石油食事と石油

東京都 国立学園小学校 5年

井草 紗蘭

東京都 国立学園小学校 5年

井草 紗蘭

「今日はハンバーグよ。」
母が言いました。
「私も手伝いたい!」
と大きな声で言い、料理を手伝うことにしました。

私は材料のお肉のトレイを見たとき、このトレイも石油でできていると授業で学んだことを思い出しました。それをきっかけに食事と石油の関わりに興味を持ちました。

石油は、プランクトンの死骸が細菌の働きによって有機物が変化した限りある大切な資源です。中東から多く輸入されていて、様々なものの原料や動力、熱など色々な事に使われている貴重な資源です。

石油は、食材を生産するところから店頭に並び、そして家庭に届くまで色々な場面で使われています。食材が家庭に届いてからも、料理を作るときなどに石油は使われています。農家の方々がハウス栽培で野菜を作るときに必要な熱にも石油は使われています。スーパーやデパートに作物を運ぶトラックの燃料も石油です。製品を売る時のビニール・トレイも石油が使われています。

私は、『食べること』がここまで石油に関係しているとは思ってもいませんでした。なので、これからの日常で、
「石油は使われているのかな?」
「使われているのだとしたら、どこに使われているのかな?」
と調べてみれば、数えきれないくらい石油を使ったものが見つかると思います。

私たちが生活するためには、石油は不可欠です。ハウス栽培、トラック、ビニール・トレイ…その中の、どれかひとつの石油が足りなくなってしまえば、家庭に食材が届かなくなってしまうのです。だから、石油が便利なものだからといって使いすぎないようにしないといけないと思いました。

そのためには、ひとりひとりが『石油は、とても大切な資源』ということをしっかりと認識することが大事だと思います。そして、皆が自分にできることを探して、少しずつ実行していけば石油を無駄なく使うことができると思います。

大切な資源、石油があるからとても便利に生活ができることを忘れずに、いつもそのことに感謝しながら生活していきたいと思いました。

石油の作文コンクールTOPへ