石油連盟ホームページへ

調べてみよう石油の活躍

調べてみよう石油の活躍

優秀作品賞

優秀作品賞
石油連盟広報委員長賞

石油君への感謝状石油君への感謝状

福島県 福島市立森合小学校 6年

戸田 涼斗

福島県 福島市立森合小学校 6年

戸田 涼斗

石油君、毎日の活やくを賞して君に感謝状をおくりたいと思う。君が「燃える水」として、ぼく達と出会ってから五千年、ぼく達の身の回りの多くの分野での活やくに、心からありがとう。ぼくは、今年ほど君の存在の素晴らしさに気付かされた事はなかったよ。

三月の東日本大震災の時だった。震災の被害で君が来られなくて、深刻な石油不足におちいったんだ。君が原料のガソリンや灯油が手に入らず毎日が本当に大変だった。ガソリンスタンドには何時間も待つ長い行列。ガソリンが無いから車が動けない。給水車からの水運びも重くて大変だった。燃料切れで通勤できない人もいたんだ。そういえば、その時、自転車がとても売れたんだよ。

あの頃は雪も降って寒かったけれど、灯油が無いから毛布でがんばったんだ。電気が通ってからは、電気ストーブが使えたけれど、その電気さえも、元々の姿は君なんだよね。だって、燃料としての利用法では一番の君だから。君がいないと生活の何もかもが成り立たないのだなと、つくづく感じたよ。

新聞で石油貨物列車が到着する事を知った時は、とても待ち遠しかった。20時間以上もかけて来てくれた君。今までガソリンスタンドに君がいるのは当たり前だったから。君を取りまく大きなネットワークのおかげで、徐々に安定供給されてきた時は、ホッとしたよ。

それとね、スーパーから納豆が消えたんだ。大豆はあっても、君が原料の容器が不足して出回れなかったんだ。君は本当に色々な物に姿を変えていて驚くよ。変身が得意なんだね。

君のがんばりを、もっとよく知るために調べてみたら、ぼくは驚いたよ。それは、君が飲料水よりも安いって事。ぼく達の社会を支えている君が、あまり評価されていないみたいで少し悲しくなったよ。はるか遠くの産油国から、全長330mのタンカーに乗って20日間もかかって来てくれるのにね。

最近、地球環境を破壊していると、君は悲しそうだったね。でも、ぼく達の今の生活に君は必要だ。一体どうすればいいのだろう?ぼく達がもったいないという心を持って、環境も君も両方、守っていければいいと思うんだ。まだまだ君にはお世話になりたいから。

今回は震災で滞っただけで、君がいなくなった訳ではない。でも、もし君がいない世界だったとしたら、どうなのだろう。

君を知って、ぼく達が豊かな生活を送る上で、とても大切だという事が分かった。車に乗る事も、食べる事も、部屋を暖める事も、君がいなければ全て不可能なんだね。それだけでなく、君は、ぼく達の生活のあらゆる場面で、あらゆる物に使われ、本当に沢山の用途がある。でも、君は限りある資源。君という資源の大切さを知って、恩返しに君を、もっともっと有効に活用できる、新しい技術を開発していく事を約束するよ。待っててね。

石油の作文コンクールTOPへ