石油連盟ホームページへ

調べてみよう石油の活躍

調べてみよう石油の活躍

審査員特別賞

審査員特別賞

ぼくの身近にある石油ぼくの身近にある石油

茨城県牛久市立岡田小学校 4年

東郷 一真

茨城県牛久市立岡田小学校 4年

東郷 一真

ぼくには、かわいい弟が一人います。弟は、昨年の九月に生まれました。もうすぐ一才になります。
弟が生まれてから、家の中の物が、ふえました。ベビーチェアや、弟のおもちゃ、ベビーカーなどです。これらは、すべて石油から作られています。弟は、紙おむつをしています。紙おむつには、おしっこがもれない工夫がしてありますが、その部分にも、石油が使われています。こんなところにも石油が使われているんだなと思いました。

それから、弟が生まれてから、身の回りでかわったことがあります。それは、車です。今まで、家の車は五人乗りのふ通車でしたが、今は、八人乗りのワゴン車になりました。車高が高くて、けしきがよく見えます。車内が広くて、乗りごこちがとてもよいです。お母さんは、運転がしやすいと喜んでいます。しかし、前の車とくらべて、ねんぴが悪くなったとお母さんが言っています。大きな車ほどガソリンをよく使うそうです。車は、大きくなってべん利になりましたが、ガソリンをたくさん使うことは、もったいないと思いました。さい近では、電気自動車や、ねんりょう電池の車が作られています。そのような車がふえて、ぼくたちも乗れるようになるといいなと思います。

ぼくは、乗り物が好きです。その中でも鉄道が一番好きです。貨物列車のなかに、「タキ」というものがあります。「タキ」とは、タンク車のことです。「タキ」は、ガソリンなどを運びます。

夏休みに、石油のことを調べたくて、お父さんと神な川県の根岸駅の近くにある、新日本石油のせいせい工場に行きました。しかし、工場に入れなくて、残念でしたが、根岸駅でたくさんの「タキ」を見ることができました。十両以上つながっている「タキ」を見たことは、初めてなので、とてもびっくりしました。駅のホームにおりたら、ガソリンのにおいが、少ししました。工場には、「タキ」一両ごとに屋根がついているところがありました。屋根のあるところから、ガソリンを入れているんだなと思いました。

石油から、いろいろな物が作れるので、石油は生活に欠かせないものだと思いました。また、石油はかぎりあるしげんなので、大切に使わなければいけないと思いました。

> >

ぼくには、かわいい弟が一人います。弟は、昨年の九月に生まれました。もうすぐ一才になります。
>弟が生まれてから、家の中の物が、ふえました。ベビーチェアや、弟のおもちゃ、ベビーカーなどです。これらは、すべて石油から作られています。弟は、紙おむつをしています。紙おむつには、おしっこがもれない工夫がしてありますが、その部分にも、石油が使われています。こんなところにも石油が使われているんだなと思いました。

> >

それから、弟が生まれてから、身の回りでかわったことがあります。それは、車です。今まで、家の車は五人乗りのふ通車でしたが、今は、八人乗りのワゴン車になりました。車高が高くて、けしきがよく見えます。車内が広くて、乗りごこちがとてもよいです。お母さんは、運転がしやすいと喜んでいます。しかし、前の車とくらべて、ねんぴが悪くなったとお母さんが言っています。大きな車ほどガソリンをよく使うそうです。車は、大きくなってべん利になりましたが、ガソリンをたくさん使うことは、もったいないと思いました。さい近では、電気自動車や、ねんりょう電池の車が作られています。そのような車がふえて、ぼくたちも乗れるようになるといいなと思います。

>

ぼくは、乗り物が好きです。その中でも鉄道が一番好きです。貨物列車のなかに、「タキ」というものがあります。「タキ」とは、タンク車のことです。「タキ」は、ガソリンなどを運びます。

>

夏休みに、石油のことを調べたくて、お父さんと神な川県の根岸駅の近くにある、新日本石油のせいせい工場に行きました。しかし、工場に入れなくて、残念でしたが、根岸駅でたくさんの「タキ」を見ることができました。十両以上つながっている「タキ」を見たことは、初めてなので、とてもびっくりしました。駅のホームにおりたら、ガソリンのにおいが、少ししました。工場には、「タキ」一両ごとに屋根がついているところがありました。屋根のあるところから、ガソリンを入れているんだなと思いました。

>

石油から、いろいろな物が作れるので、石油は生活に欠かせないものだと思いました。また、石油はかぎりあるしげんなので、大切に使わなければいけないと思いました。

石油の作文コンクールTOPへ