石油連盟ホームページへ

調べてみよう石油の活躍

調べてみよう石油の活躍

審査員特別賞

審査員特別賞

石油の大切さ石油の大切さ

秋田県大館市立有浦小学校 5年

工藤 萌々香

秋田県大館市立有浦小学校 5年

工藤 萌々香

石油のことを考えてみます。石油といえば、冬が寒い東北地方に住んでいる私にとっては何といっても灯油です。

私の家には灯油を使う製品は、ストーブが四台とお風呂に使うボイラー一台があります。外に二百リットル入れる事ができるホームタンクがあり灯油屋さんが空に近くなると入れにきてくれます。

ストーブは朝起きる前から点火しています。起きたときに寒くないようにタイマーをセットしているのです。そして、夜、ねるときまで、一日中灯油は燃え続けています。このように一日中ストーブが点火している時は部屋があたたかくて気がつかないのですが、外にお出かけしていて、寒くなっている部屋に帰ってきたときには、一番先にストーブを点火し、部屋が少しずつあたたかくなっていくのを体感して「灯油さん、ありがとう。」と思います。一度、お風呂に入って、シャワーを出しているときにお湯から水になったときがあります。ホームタンクが空になって灯油がゼロになったので、ボイラーが点火できなくなり、お湯ではなく水がでてきたのです。灯油屋さんが灯油を配達してくれるまで、お風呂のシャワーが使えなくなり灯油のありがたみがよく分かり、灯油がないと不便なんだと思いました。

ストーブを使用する期間はだいたい十一月の中旬位から四月の中旬までつけています。一年のうち、半年も灯油にたよって生活しているのです。

北海道など、私の家よりも、もっと寒い地方に住んでいる人々はもっとたくさんの灯油を使っている事でしょう。このように、灯油なしでは寒い季節を乗りこえる事はできません。灯油は南のあたたかい地方に住んでいる人達よりも、寒い北方に暮らしている私達にとっては、とても大切な資源なのです。

でも、最近では、地球環境の事や石油は近い将来なくなるのではないかという事で、電気ストーブやペレットストーブなど灯油を使わなくてもいい製品に変わってきているそうです。
これで「石油を使用する量はどんどん減っていくのかな。」と思っていたのですが、石油はその他にも使用されているのが分かりました。ガソリン、プロパンガス、タイヤ、衣類、ペットボトル、その他多くプラスチック類など全部に石油がつかわれています。

このように石油なしでは生活できないという事がよく分かりました。これからは、私達子供が石油に変わるエネルギーの開発や今以上、石油を大切にできる環境にしていけるように、もっと石油のことを学習していくべきだと思いました。

石油の作文コンクールTOPへ