石油連盟ホームページへ

調べてみよう石油の活躍

調べてみよう石油の活躍

審査員特別賞

審査員特別賞

石油問題と小さな実践石油問題と小さな実践

群馬県前橋市立城南小学校 5年

李 はんびっ

群馬県前橋市立城南小学校 5年

李 はんびっ

 ある日、家族と一緒にT・Vニュースを見た。色々なニュースの中で、私が、注目した内容は地球温だん化対策に関して、ふくざつな問題だった。いわゆる、CO2がふえて、オゾンそうが破かいされて、温度が上しょうするものだ。つまり、CO2はい出問題だ。CO2はい出というのは、石油を使用する事と同じだと知っている。

 ところで、こんな石油は悪い事だけではなくて、みんなが知ってるように良い事もたくさんある。まず、良い事とは、私達の生活全体にこの石油をぬかしては考えられないぐらいだ。プラスチックの製品など洋服の生地、アスファルトやガソリンなどとても多い。特に、工場のエネルギーや火力発電所など、とても重要な役わりを果たしている。石油はこのようにくらしを豊かにしてくれる。でも、石油の使用にしたがって発生するCO2の問題が悪い事の中心ということだ。

 さて、小学生の私がおかしいと思う点がいくつかある。地球温だん化問題のはんにんが石油というのはおかしい事だと思う。石油を利用するのがまちがってはいない。ただ、CO2を発生するところだけなのにまるで、石油こそ、悪い事のように聞こえる。また、そんな地球かんきょうの問題のために集まる色々な国の代表達は大きな車に乗って参加している。それなのにCO2発生問題と石油問題などを議論する。おかしいと思っている。

 私の家族には車がない。お金がなくて買わないのではない。家族の安全と地球温だん化のきけんをふせぐために石油を節約するのだ。私の父はいつも話している。「車がないから不便だけど、地球を助けるためにぼくの家族から実践する意味だ。」車の中には必ず必要な車もたくさんある。救急車、消防車、トラック、バス、電車、飛行機、船などがその例である。また、石油が必要な工場などもたくさんある。問題は、自家用車が多すぎる点である。石油とCO2発生問題の多い部分はこの自家用車のところにあると思う。

 石油問題は、石油不足とか石油のねだんの問題以外、CO2発生と地球温だん化と同じ問題としてはできないようだ。石油の両面としてCO2発生の悪いこととくらしを豊かにする良い点の調和は本当にむずかしい宿題みたいだと思う。ただ、T・Vニュースのように地球かんきょう問題がすぐ石油問題といえないだろう。

 とにかく、地球温だん化、CO2はい出、石油消費などの問題の解決に対して小五の私が考えた2つの点がある。この点は石油問題をめぐる私が見るおかしい点と同じだ。

 まず一つ目は、CO2はい出を減らすためには石油節約をはじめ、エコエネルギーの開発である。二つ目は、かんきょう問題の会議に参加する人からバスで移動する小さな実践である。私の両親みたいに自家用車を持たないような実践こそ、石油問題の正しい解決ではないかと思う。口だけではなく小さな実践から。

石油の作文コンクールTOPへ