石油連盟ホームページへ

調べてみよう石油の活躍

調べてみよう石油の活躍

審査員特別賞

審査員特別賞

石油の未来石油の未来

関西創価小学校 6年

丹尾 美咲

関西創価小学校 6年

丹尾 美咲

今、地球には「石油」があります。車や船などを動かすのにとても便利なものです。また、プラスチックの原料になったりと、さまざまな場面で石油は登場しています。
しかし、何事にも終わりがあるように、石油にも終わりがあって、なくなる時が来ます。私は、その石油がなくなる時、地球は一体どうなってしまうのか調べてみる事にしました。

まず、私達の交通手段がほとんどなくなってしまう、という事が分かりました。
日常的に毎日使っている車はもちろん、旅行などに使う飛行機や船、そして間接的は電車もふくまれます。こうしたものが全てなくなり、ストップしてしまうと、私達の交通手段はほとんどなくなります。
また、大きな災害などがおきた時に、そこへ向かうのがおそくなったり、救援物資がとどきにくくなったりと、さまざまな問題がおきてしまいます。やはり、石油は必要です。

次に、プラスチックが消えるかもしれないということが分かりました。
プラスチックのほとんどが石油からできています。石油がなくなれば、プラスチックが少なくとも半分以上減ると私は思います。そうなると、毎日の生活は一体どうなるのか私はとても心配です。こちらもやっぱり石油は必要です。

こうして、石油がなくなったらどうなる?というのを調べ、考えてきましたが、やっぱり石油は私達の生活になくてはならない存在です。しかし、いつかは絶対になくなります。
でも、今から一人一人が心がけて、石油を節約していけば、少しでも長く使えます。また、石油がなくなった時には、すばらしいエコカーがたくさん作られているかもしれないし、プラスチックに匹敵するようなすごい製品がでているかもしれません。他にも、私達がおどろくようなものがでてるかもしれません。
私はこの作文を通して、今石油が私達にとってかけがえのないものになっているんだと、改めて思い、石油を大切に使っていこうという意識が前よりもいっそう強くなりました。

石油の作文コンクールTOPへ