石油連盟ホームページへ

調べてみよう石油の活躍

調べてみよう石油の活躍

審査員特別賞

審査員特別賞

未来の人達について考える未来の人達について考える

愛知県 弥富市立桜小学校 6年

中村 快

愛知県 弥富市立桜小学校 6年

中村 快

最近、スーパーぶくろが有料化してきました。僕は、そのスーパーぶくろ有料化に賛成です。なぜかというと、そうゆうことをしないと、みんながスーパーぶくろをどんどん使って、そのうち、スーパーぶくろそのものがなくなってしまうからです。

僕は、最近、近くの店に物をけっこう買いにいく機会が多くなりました。もちろんレジに行く回数も増えました。その時に出てくるのが、スーパーぶくろです。スーパーぶくろというとついもらっちゃいがちです。でも、そのスーパーぶくろをもらわない工夫もいくつかあります。

一.マイバックを持って出かける。
二.たくさんの商品を買わずに、スーパーぶくろがいらないくらいの商品を決めて、「スーパーぶくろはけっこうです。」といって、テープだけにして買う。

というように、こうゆう工夫をすることによって石油を使わずにすみ、この取り組みがどんどん広がれば、世界中の未来は、石油がなくなるということはないと思います。

石油は限られた資源です。いつかはなくなります。それを守るのが僕達の役目です。でも、言うだけではダメです。まずは自分から実行をしなければいけません。そして、自分からみんな、みんなから次世代へと、一人一人、環境に配慮していくことが大切だと思います。

なぜ、僕がこの石油作文を書いたかというと、最近各地でレジぶくろ有料化ということが広まっています。それは、しょうがないことだと思います。
石油がなくなりかけているということは、いつかはなくなるということです。ということは、未来の人達は石油が使えなくなる。それではかわいそうだと思います。
レジぶくろを有料化して、マイバックを使ってもらって石油をあまり使わずにすることによって、石油減少が少しでも止められると思います。
でも、自分一人だけでやっていては、石油減少はくい止められません。みんなでやって、みんなでくい止めないといけません。今からでもおそくないと思います。今からやって、未来の人達が苦労しないようにまず僕達からこの「石油」について考え、それを実行しなければいけないと思ったからです。

石油の作文コンクールTOPへ