石油連盟ホームページへ

調べてみよう石油の活躍

調べてみよう石油の活躍

審査員特別賞

審査員特別賞

石油と日本人の生活石油と日本人の生活

埼玉県 さいたま市立高砂小学校 5年

寺石 周防

埼玉県 さいたま市立高砂小学校 5年

寺石 周防

石油の価格がどんどん上がっています。この五年間で約五倍になったそうです。ガソリンの値段も上がり、それにつれて、いろいろな物の値段も上がっています。テレビや新聞では、「困ったことだ」「これから日本は大変なことになるかもしれない」という話をよく聞きます。でも、石油の価格が上がるのはそんなに困ったことばかりなのでしょうか。

ガソリンの値段が高くなってから、車の通行量がずいぶん少なくなったと、ニュースで言っていました。近い所に行く時には歩いて行くようになったり、旅行に行く時も列車を利用することが多くなったそうです。車の量が減ると、排気ガスの出る量も減るので、地球環境にはとてもいいことだと思います。そして、自分の足で歩くことは健康な身体作りにつながるので、さらにいいことです。

そのほかの物価が上がると、ぼくたちがいろいろな物を大切にすることになるので、悪いこととは言えません。そして、石油の量にももともと限界があるので、価格が高くなることでみんなが大切に使うようになれば、地球上の石油も長持ちすることになります。

ぼくたち日本人は、少し豊かになり過ぎたような気がします。好ききらいが多くて、食べたくないものを残したり、直せば使えるものもすぐに捨ててしまったりします。ところが、戦争を経験しているおじいちゃんやおばあちゃんは、食べる物や着るものがない時代を過ごしてきたので、今でも物をすごく大切にします。こういうことは、お金持ちとかびんぼうとかとは関係ないみたいです。日本人は昔から、だれもが物を大切にしてきたのです。

ぼくたちは、ガソリンやいろいろなものの値段が上がってきた今、物の大切さや石油のありがたさや日本人がどのように生活していけばよいのかについて、もう一度しっかりと考えなければならないと思います。このように考えると、石油の価格が上がることは確かに困ることだけど、しばらくはそういう時代が続くことも悪いことばかりとは言えないと思います。今はとても重要な時なのだと思います。

石油の作文コンクールTOPへ