石油連盟ホームページへ

調べてみよう石油の活躍

調べてみよう石油の活躍

審査員特別賞

審査員特別賞

地球にやさしい石油の利用を考える地球にやさしい石油の利用を考える

香川大学教育学部附属高松小学校 5年

村上 穂高

香川大学教育学部附属高松小学校 5年

村上 穂高

私の母は、いつも買い物に行く時に必ずアルミ缶や牛乳パックと買い物袋を持って行きます。私は不思議に思いそのことを母にたずねてみると、

「最近は、二酸化炭素を出す石油や石炭を大量に使うことで石油が減ってきたり、大気中の二酸化炭素の割合が少しずつ増えてきたりしているのよ。石油をたくさん使うことだけが原因でなく、二酸化炭素を吸収してくれる木をむやみに切ることも原因となっているのよ。大気の中の二酸化炭素は、太陽によって温められた地球の熱を吸収して大気全体を温めるから今は地球温暖化の問題となっているわ。地球温暖化になると北極、南極の氷がとけ、海水が増えるから大きなひ害が出るの。でも今ならそのひ害を防ぐことができるからビニール袋の使用を減らしたり、牛乳パックなどをリサイクルしたりしているのよ。」

と言っていました。私は母が言ってくれたことを初めて知り、私にも何かできることはないかと考えてみました。考えると意外とたくさんありました。冷ぼうは28度以下にしないこと、冷暖ぼうのつけっぱなしはやめること、使わない部屋の電気は消すこと、近くのスーパーへ行くときは徒歩、自転車で行くなどです。私も早速実行してみました。じゅくへ行く時は少し遠いけれど自転車で行く、リビングにいる時は自分の部屋の電気を消すなどです。もう少しくわしく知りたかったのでインターネットで調べてみると、最近の車は「ハイブリットカー」や「燃料電池自動車」があると書いてありました。また、「バイオエタノール」といって、さとうきびやとうもろこし、大麦などの植物を原料とした車もあると分かりました。

他にもっと身近にあるものはないかと考えてみました。一つ目はお店でいらない物を買うのはひかえてゴミを出さないということです。もう一つは、自分用の品物ならほうそう紙で包んでもらうのをひかえるなどです。私はいつもこの二つができていないので心がけ、地球を守りたいです。

私たちは今まで便利な生活にたよってばかりで地球のことなどあまり考えていなかったと思います。でも今となって気付いたのだから、できることはいくらでもあると思います。石油は使いすぎると良くないが、ほどよく使うと悪いものでなく本当に便利なものなので大切に使っていくべきです。みんなで使うこの限りある資源なのだから、みんな一人一人が気を付けていって地球を守り、後世に生きる人々たちに石油を少しでも多く残してあげたいです。

私たちと石油と地球の未来は今後の私たちで決まると思う。

石油の作文コンクールTOPへ