石油連盟ホームページへ

調べてみよう石油の活躍

調べてみよう石油の活躍

優秀作品賞

優秀作品賞
石油連盟広報委員長賞

地球を助けるために地球を助けるために

大分県 大分市立森岡小学校 6年

赤峰 彩梨

大分県 大分市立森岡小学校 6年

赤峰 彩梨

今、地球があたためられてどんどん疲れています。

「誰か助けてー。」

と悲鳴が聞こえてくるようです。早く熱さましが必要です。でも、地球にすぐ効く薬はまだできていません。たくさんの偉い人たちが必死に考えてくれているけど、長い年月をかけて、人間は地球を汚したり傷つけたりしてきたから、そうは簡単にいかないと思います。

今、私たちにできる事は、この便利で豊かな生活を当たり前に思うのではなく、一人一人が『地球にやさしく』を心がける事です。そして、地球の資源に限りがある事を今一度考えて見る必要があると思います。

特に、私たちの生活になくてはならない石油は、いろんな形を変えて私たちの生活をうるおしてくれます。その石油があと五十年ももたないと聞いてびっくりです。

今年は、日本でも七十四年ぶりに最高気温がぬり替わり、四0.九度を観測しました。そして、国内で初めて四十度以上を三日連続記録した場所もあり、まさに猛暑が日本列島をおそいました。本当に暑い夏で、クーラーなしでは生きていけないような気がしました。もし、石油がなくなったらどうなるのでしょう。考えただけでもぞっとします。

それから、私は今私にできることをじっくり考えて見ました。

まず、初めにクーラーの設定温度を二十八度に上げ、省エネに心がけます。そして、買い物はマイバックを使い、ポリ袋を使わないようにします。ポリ袋は、国民一人が年に約三百枚使っているそうなので、一人当たり、六百円から九百円にもなるそうです。だから、使わないことによってゴミを減らすことができ、石油の節約・お金の節約にもなります。まさに一石二鳥です。

その他にも、こまめに使わない電気を消し、早寝・早起きを心がけるようにしました。すると、体の調子が良くなり、石油の節約は私たちにとっていろんなメリットがあることに気付きました。そう思うと、世界中のあちこちで、戦争やいじめなどいろんな問題があるかもしれないけど、今、一番考えないといけないことは、地球の熱をさましてあげることです。

そのためには、一人一人の力が必要です。みんなが、ほんの少しずつ石油を節約することによって大きな力になり、次世代に美しい地球を残してあげられるのです。そして、これからは、古代からの素敵なプレゼント『石油』を、未来のために大切に使い、地球の疲れをいち早くいやしてあげなければいけないなと思いました。

石油の作文コンクールTOPへ