石油連盟会長より

定例記者会見・配布資料一覧

2006/12/20

渡 石油連盟会長定例記者会見説明要旨

  今年を振り返り、石油連盟の10大ニュースを紹介した。(1)環境先進産業としてバイオマス燃料への積極的な対応開始、(2)エネルギー高度化利用促進法制定の機運高まる、(3)原油価格、過去最高価更新などをテーマに沿って説明した。

2006/11/16

渡 石油連盟会長定例記者会見説明要旨

  石油連盟では、(1)エネルギーセキュリティ強化と(2)環境問題解決に向け、従来の「石油代エネ法」や「新エネ法」に代えて、あらゆるエネルギーの潜在的可能性を引き出す技術開発を税制、財政面から支援する「エネルギー高度化利用促進法」の新設を提言しています。

2006/10/16

渡 石油連盟会長定例記者会見説明要旨

  石油業界では地球温暖化の原因とされるCO2の削減に向けて、日本経団連が音頭を取って実施している業界ごとの自主行動計画の達成の他に、環境先進産業として石油業界独自に自動車燃料のサルファーフリーやバイオ燃料の導入などに積極的に取り組んでいます。

2006/09/20

渡 石油連盟会長定例記者会見説明要旨

  バイオガソリン(ETBE混合)の試験販売開始について石油連盟加盟各社は、CO2の削減に向けた京都議定書達成計画に向けた政府の要請を受けて、バイオエタノールをETBEに加工してガソリンに混合するための実証試験を来年の5月より実際のSSで試験販売を開始し、2010年の本格供給に備えることを決定しました。

2006/07/19

渡 石油連盟会長定例記者会見説明要旨

  1. 欧米で先行しているバイオエタノール燃料について、日本での導入に向けて調査団を派遣してその実態を調査した。欧州・米国ともに農業振興対策、国内資源の有効活用という観点から政策的に導入が進められていることなどが明らかになった。

  2. 不正軽油に係る罰則強化
    軽油引取税の脱税行為による、大気汚染や廃棄物の不法投棄が社会問題となっていたことから、6月に地方税法が改正され、不正軽油の製造を知りながら原料を提供した供給者に罰則が課せられるなど、罰則強化が行われた。

2006/06/21

渡 石油連盟会長定例記者会見説明要旨

  最近のエネルギーを巡る状況を踏まえ関係方面で今後のエネルギー政策に関する検討がなされているが、いずれの取りまとめにおいても、石油の重要性について再評価されていることを紹介した。

2006/05/22

渡 石油連盟会長定例記者会見説明要旨

  今後の「新エネルギー」に関連し、石油起源という理由だけで規制されるのでなく、3Eの観点から、より広範な技術革新を促し最も優れたエネルギーが推進しうる枠組みに見直すことが必要と説明した。

2006/04/19

渡 石油連盟会長定例記者会見説明要旨

  新・国家エネルギー戦略が検討されているが、エネルギーにおける石油の位置付けに関連し、石油の有効・高度化利用を妨げている現行の石油代エネ法・新エネ法を改め、「エネルギー高度化利用促進法」の新設が必要と述べた。

2006/03/15

渡 石油連盟会長定例記者会見説明要旨

  道路特定財源の目的等について説明し、道路に使わないなら、ガソリン税を1リットル25円(暫定税率分)引き下げるべきと主張した。3月20日から、「ガソリン税等道路特定財源の一般財源化反対」運動を実施すると述べた。

2006/02/22

渡 石油連盟会長定例記者会見説明要旨

  エタノールを輸送用燃料として活用するに当たり克服すべき課題及び我が国の経済・社会における石油の役割(2030年の石油依存度は最低でも40%)という調査レポートの概要を説明した。

2006/01/18

渡 石油連盟会長定例記者会見説明要旨

  記録的な寒波により灯油需要が増えているが、最近の灯油需給(需要と在庫)、製油所の実稼働率等現状等を示し、さらに寒さが続く場合には輸入増等の手段により、安定供給に全力を尽くす旨説明した。

ページトップへ